【掃除】無駄なくシートが使える360度回転のフロアワイパーを徹底解説!えっこれまでのワイパーって何だったの?100均のアレも使えるとか神!

これが本当のエコ?フロアシートを無駄なく使える画期的なワイパーをレビュー

今や100均一でも販売されているフロアワイパー。ほとんどの家庭に1本はあると言っても大袈裟ではありません。我が家にはカインズ、ダイソーと既に2本あります。

カインズの方は、通常のものと違いスプレーを取り付けられる点に魅力を感じ、ダイソーはただ単に価格買いです。

▼過去記事
【コスパ】優秀すぎたカインズのオリジナル商品SELECT7

どちらもパフォーマンスに関しては言うことないのですが、どうしても幅問題が…。そんな時に見つけたのが今回の商品スキマの奥にも届く「ウェーブ フォロアワイパー」なんです!

 ウェーブ フロアワイパー

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

近くのドラッグストアでなんと半額で売られていました。既に2本ある我が家において、家計費から新規1本を購入するなんてことは絶対にありまえません。当然、小遣いから捻出するわけですが、この絶好の機会を逃すわけにはいかないので迷わず購入

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

 スペック

・ヘッドの厚みが16mmの薄型フルフラット構造
・立てても使える360°全面拭きヘッド
・シートの両面使用可能
サイズ:8.99✖️10.49✖️28.5センチ
重量:450グラム

立てて使用できるのはこれまでのフロアワイパーになく、これによって届かなかったスキマにもアタックできるというわけ。さらにヘッド部分がクルクル回るので、シートを無駄なく使用できる点も魅力です

 伸縮タイプではなく組み立て式

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

開封すると中には分解された状態のものが入っています。伸縮タイプは収納に便利だけど耐久性に少し難があると思っているので、個人的にはこちらの組み立て式の方が好き

 180度傾けられるからスキマも楽々

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

掃除機も入らないテレビ台の下はスッと簡単に入りました。

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

冷蔵庫横の壁との隙間も楽々!びっくりするぐらいのホコリが付着したのはご愛敬

 360度回転はややコツが必要

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

個人的にはマイナス点とまではいかないけど、360度回るヘッド部分が予期せぬところで回ってしまうのでややコツが必要かな。でも、これまでいちいちシートを交換する手間を考えても、断然こちらの方が使いやすい

 100均のワイパー用のシートも使える?

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

ここまでは正直何も言うことありません。問題は取り付けるシートです。こちらが、このワイパー専用のモノしか使用できないとなると、僕の中の評価がガクンと下がります。だってコスト的にね(笑)

360度ヘッドが回転するウェーブのフロアワイパーを解説

心配はご無用でした!サイズも全く問題なく、ヘッド部分にもしっかり取り付けることが可能!

 まとめ・感想

まとめ・感想

ありそうでなかった360度回転するフロアワイパー。これまでの概念を崩した逸品は使い勝手が良くて大満足です。360度回転するヘッドで無駄なくシートを使用できるだけでなく、100均のシートも取り付けられるのはかなり高ポイント。これまでのワイパーの力加減で行うと、ヘッドが回転してしまうこともあるけど、そこは慣れでどうにかなると思います。買い替えなどを考えている方にもぜひオススメ!