【掃除】窓枠ゴムパッキンのカビにストップ!ジェルタイプがおすすめです ※改定

ゴムパッキン用のカビキラー使用後

窓枠ゴムの黒い点々…カビの大量発生にストップ!

薄々気づいていたのですが、我が家の窓枠のゴムパッキン部分に黒い点々が大量発生。そう!全てカビなんだけど、これが拭いても落ちないし「そのうち…」と考えて放置し続けてきましたが、満を持してやってやりました!

 原因は?

窓枠のカビの原因はずばり「結露」。あのガラスが濡れてるやつです。この結露が窓枠に滴ってそれがカビとなるわけなんですね。カビって本当に多湿の場所が大好きなアンチクチョー。

 現状確認

窓枠の汚れ

これはまたヒドい(笑)。カビというよりか単純に汚れがヒドいです。まずはこの黒ずみをどうにかしないとカビがどのくらい発生しているのか検討がつきません

 アルカリ電解水で汚れを取り除く

窓枠のゴムパッキン部分の汚れ

どんな汚れなのかさっぱりわからないので、困った時のアルカリ電解水でゴムパッキン部分の汚れを取っていきます。予想以上に汚れは取れて問題のカビがお目見え!

 サッシにも汚れが蓄積

窓のサッシ部分の汚れを掃除

窓枠がここまで汚れていれば当然サッシ部分にも汚れが蓄積していました。ブラシを使ってこちらもついでにキレイにしておきます

サッシ部分の掃除完了

サッシ部分もアルカリ電解水とブラシでどうにかキレイにできました

 カビとりスプレーでカビを除去

ゴムパッキンのカビ

アルカリ電解水では取れないこの黒い点々がカビ。

 

ゴムパッキンをカビとりスプレーで掃除

カインズで以前購入しておいたカビトレスプレーとキッチンペーパーを使ってみます。お風呂でカビとりをするときと同じ方法でとりあえずやってみました。キッチンペーパはあらかじめ細く切っておきます

ゴムパッキンをキッチンペーパーとカビとりスプレーで除去

液体なのですぐに垂れてしまうので、キッチンペーパーは効果的!ただスプレーなので、ピンポイントでカビに攻められず他部分にかかってしまうのが難点

 10分ほど放置

カビとりスプレーで窓枠のゴムパッキンを掃除

スプレーして10分後もすればこの気温なのでカピカピに(笑)。ペーパーを剥がしてみるとカビ思った以上に効果あり

カビとりスプレーの漏れ

しかし、スプレーが撥ねた部分はやはり白い痕になってしまいました。水拭きすればいいだけなんだけど1工程増えるのは何か気に入りません。で、ホームセンターで発見してしまいました

 ゴムパッキン用のカビキラー

ゴムパッキン用のカビキラー

おいおいマジかよ。こんなんあるんだったら先に言ってよ(笑)。こちらの商品はジェルタイプなので、ピンポイントでカビに攻撃できる優れもの。

カビキラー

窓枠のゴムパッキンだけでなく、お風呂のタイル目地や冷蔵庫のゴムパッキンなどにも使えるとか。

そんなワケで取りきれなかったカビに再度アタックしてみます。

ゴムパッキン用のカビキラー実践

水平部分はジェルがそのまま残ってくれますが、やはり垂直だと垂れてきてしまうので、ここでもキッチンペーパーは必要だと感じました!

ゴムパッキン用のカビキラー使用後

さてさて、どうでしょうか?先ほどスプレーでは取れなかった根強いカビがキレイに落ちました。やはりピンポイントで攻められたのが功を奏したようです!これには大満足!

 まとめ・感想

まとめ・感想

見た目的にも最悪だった窓枠のゴムパッキン部分のカビは9割型キレイに除くことができました。ゴムパッキン用のカビキラーが売っていることに早く気づけば、もっと効率良くできたのは否めませんが、最初にスプレーを行ったことで、ここまでキレイになったものだと思いたい(笑)

 ゴムパッキン用のカビキラー総評

このゴムパッキン用のカビキラーだけど、ジェルタイプだからカビをピンポイントで抑えられるところが非常に良いと感じました。しかしながら、垂直部分はやはり垂れてきてしまうのでキッチンペーパーやサランラップを使うのが効果的だと感じます。そして、100gと意外に小さい。家中の窓枠をやったら1日で1本はなくなりそう。値段の割にはもう少し内容量があってもいいかな